東京芸術大学での卒業制作として発表した本作は、「なにもない作品」を目指して制作され、所属していた研究室内で展示された。私は研究室内にあった机・ソファ・本棚などを運び出し、それらを廊下を挟んだ反対側の空間(ガラス張りの下階からの吹き抜けに立てた仮設の櫓の上)に再配置した。なにもなくなった展示室からは虚像としての研究室を望むことができたが、本作における作品性は「空っぽになった空間」に宿っている。本作で第3回川俣正賞を受賞したほか、viewingroom vol.04 (大和プレス)及び on the turn (hiromiyoshii)にて発表を行った。(279文字)
 
東京芸術大学での卒業制作として発表した本作は、「なにもない作品」を目指して制作され、所属していた研究室内で展示された。私は研究室内にあった机・ソファ・本棚などを運び出し、それらを廊下を挟んだ反対側の空間(ガラス張りの下階からの吹き抜けに立てた仮設の櫓の上)に再配置した。なにもなくなった展示室からは虚像としての研究室を望むことができたが、本作における作品性は「空っぽになった空間」に宿っている。本作で第3回川俣正賞を受賞したほか、viewingroom vol.04 (大和プレス)及び on the turn (hiromiyoshii)にて発表を行った。(279文字)
 
東京芸術大学での卒業制作として発表した本作は、「なにもない作品」を目指して制作され、所属していた研究室内で展示された。私は研究室内にあった机・ソファ・本棚などを運び出し、それらを廊下を挟んだ反対側の空間(ガラス張りの下階からの吹き抜けに立てた仮設の櫓の上)に再配置した。なにもなくなった展示室からは虚像としての研究室を望むことができたが、本作における作品性は「空っぽになった空間」に宿っている。本作で第3回川俣正賞を受賞したほか、viewingroom vol.04 (大和プレス)及び on the turn (hiromiyoshii)にて発表を行った。(279文字)
Sample Content
  東京芸術大学での卒業制作として発表した本作は、「なにもない作品」を目指して制作され、所属していた研究室内で展示された。私は研究室内にあった机・ソファ・本棚などを運び出し、それらを廊下を挟んだ反対側の空間(ガラス張りの下階からの吹き抜けに立てた仮設の櫓の上)に再配置した。なにもなくなった展示室からは虚像としての研究室を望むことができたが、本作における作品性は「空っぽになった空間」に宿っている。本作で第3回川俣正賞を受賞したほか、viewingroom vol.04 (大和プレス)及び on the turn (hiromiyoshii)にて発表を行った。(279文字)

Latest Projects ItemAnaba and Kataba

Latest Projects ItemHome and Away